また逢えたらいいね。
by red_95_virgo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
新年快楽。
at 2013-01-01 14:51
手帖を贖う2013。
at 2012-12-18 20:07
ぽとる。
at 2012-11-02 11:28
校正とか校閲とかいったお仕事。
at 2012-10-03 23:44
占い猿 18・誕生日大全。
at 2012-09-26 00:59
シトワイヤン。
at 2012-09-19 18:13
ナマエヲツケテヤル。
at 2012-08-01 12:13
熱きこと地獄の如し。
at 2012-07-24 20:22
占い猿 17・火星離開了我。
at 2012-07-03 10:06
占い猿 16・リビアングラス。
at 2012-04-03 22:18
以前の記事
最新のコメント
>鍵コメさま ずー..
by red_95_virgo at 10:57
>[2014年2月11日..
by red_95_virgo at 00:46
>ひろみさん コメ..
by red_95_virgo at 19:02
記事とは関係ないてすが、..
by ひろみ at 23:33
>meiryさん ..
by red_95_virgo at 23:37
>パブロ・あいまーるさん..
by red_95_virgo at 23:34
テレビの画面を撮ったとは..
by meiry at 00:25
で、その100枚は、すべ..
by パブロ・あいまーる at 22:50
>シベリア728さん ..
by red_95_virgo at 23:54
明けましておめでとうござ..
by シベリア728 at 11:58
丼の外へGO!
お気に入りブログ様

Step by Step
photologななお
男爵の戯言
七織ノ記
爆裂ボケ日記〜ボケてるつもりはないっ!
my favorite things.

裏座敷
蛇果


素敵サイト様

★ぷらぷら歌劇団R★
群青色
山南敬助 赤心記
流血スタヂアム

まだまだ終わらなーい!
アストロ球団
Shinsengumi Express!! 新選組!!ロマンチ!!!サイト!!!!
筋肉少女帯大情報局
筋少の大ブログ

猿でも作れ〜る!
『新選組!』サブキャラ占い!

貼っておくと良いらしい!
SQ Life 木精占い


なかのひと


WRITE ME!
レッドへのご連絡は、

lantianjing★gmail.com

までどうぞ。
(お手数ですが★を@に変えてください)
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
2011年 01月 28日

消息。

3年前まで住んでたマンションで交流があった女性と、昨日、偶然町で会った。

「元気にしてるわよ」
といわれた。
猫のみーちゃんのことです。


みーちゃんのことは何度かここにも書いた。飼い主は隣人だけど、隣人が病を得て入院してるあいだにすっかりうちに入り浸り猫になってしまい、そのままずるずると蜜月すぎる数年を過ごして、3年前にお別れした。
借りていたお部屋を引き払わなければならなくなったのでやむをえぬお別れだったけど、猫にはひとの都合なんかわかるまい。私の身勝手で棄てられたと思ったかも知れない。
引っ越しの日の夜、掃除機をかけていたらおずおずとやってきた。なにもかもきれいさっぱり運び出され、親しんだ暗がりが消えてのっぺりとあかるい部屋をしばらくうろうろして、ちょっとだけ甘えて、「おうちにお帰り」というまえに出て行った。それきり逢っていない。

引っ越してひと月経って、お友達と呑んで終電で帰って、改札出て歩き始めてしばらくしたらいきなり足が一歩も動かなくなった。帰りたくない。みーちゃんに逢いに行きたい。でも逢ってはいけない。でも逢いたい。帰りたくない。そういうことでぐるぐるしていたら正直なもんで身体が真っ先に反応して、そこから一歩も進めなくなった。真夜中の商店街のどまんなかにへたりこんで泣いていたらだいじょうぶですかと声を掛けられた。ぜんぜんだいじょうぶじゃねえよと思ったけど、だいじょうぶですと答えてそのまま1時間ぐらい泣いてた。


みーちゃんのまえに隣人が飼っていた猫(まだ少年だった)が隣人の留守に庭で死んで、そのとき自分はなにもできず見殺し同然にしてしまって、そのことをいまもものすごく悔いている。みーちゃんには必要以上に「できるだけのこと」をしようとした。酷い仕打ちをしたわけでは無いと思う。でも結果的に自分のしたことは酷い仕打ちだったのかも知れないとも思う。結局飼い主でもなんでも無かったのだから、引っ越しという現実を前にすればあっさり出て行ってしまえるのだから、「できるだけのこと」はなにもかも私の気まぐれといえばいえる。ただ、人間でもああいう時間を過ごした相手はいないしこの先現れるかもわからない。3年のあいだ、みーちゃんのことを考えない日は無かった。病気で、不慮の事故で、もしかしたらもう死んでしまったのかもと思い、いやいやきっとのんきに暮らしているにちがいないと思う。ひとめ顔を見に行こうと思えば僅か15分でそれが叶う。その15分を辿るのがおそろしい。だからもう逢わない。


「元気にしてるわよ」
という彼女の言葉がありがたかった。自分がいなくなってもみーちゃんはちゃんとみーちゃんで、みーちゃんの時間を過ごしていたのだ。そしてみーちゃんがいなくても、私も私の時間を過ごしてきた。そういう3年だった。そういう3年が、これからさき、いくつも重なっていくのだろう。だからもう逢わない。でもきっと忘れない。



d0019709_2522087.jpg

[PR]
by red_95_virgo | 2011-01-28 03:48 | 腰巻横町便 | Comments(8)